ホットコラーゲンヨガ

ホットコラーゲンヨガとは、コラーゲンランプの照明のもとで行うホットヨガのことです。

コラーゲンランプというのは可視光633ミリ領域の光を出すランプのことです。可視光は紫外線などと違い、実際に目に見える光です。633ミリ領域はほんのりと赤く見えます。

この光は表皮から10ミリの深さまで届き、表皮の奥、皮膚の真皮層に働きかけます。真皮層は7割がコラーゲンで、残りは弾性繊維であるエラスチンやヒアルロン酸などで構成されています。コラーゲンランプの光はこの真皮層に働きかけることによって、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を活発にします。

また、このほんのりと赤い光は肌だけでなく、自律神経なども整えます。ひなたぼっこに似た効果を持ち、精神の安定に深く関わっているセロトニンの分泌も促します。ホットコラーゲンヨガではヨガによって体内のコリや老廃物などを排出するデトックスが行われるのと同時に、コラーゲンランプの効果によって肌の内側からチャージが行われているのが大きな特徴です。

デトックスとチャージがうまく機能することによって、滞った体内循環を改善し、新陳代謝が活発になります。ホットコラーゲンヨガのスタジオによっては、コラーゲンのドリンクやリラクゼーションのためのオイルマッサージをプログラムに組み込んでいるところもあります。身体の内側、外側、そして精神と、ありとあらゆる方向から身体を綺麗にし、肌を美しくハリのあるものに変えていくのがホットコラーゲンヨガなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *