サイクリングに持って行きたいグッズ3選

サイクリングには、パンク修理セットを持って出かけたほうが賢明です。

特に、家から離れた遠い場所を目指して出かけるときには、パンク修理セットは必須だと言えるでしょう。自転車にはパンクが付きものです。路面の状態に細心の注意を払っていても、タイヤの空気圧を適切に管理していても、運が悪い時にはパンクしてしまいます。パンクしてすぐに自転車屋が見つかれば事なきを得ますが、知らない街で自転車屋さんを探しまわるのは大変です。また、修理に千円程度のお金がかかります。パンク修理セットを持っていれば、いつパンクしても大丈夫です。

携帯型の空気入れも持って出かければ最高ですが、空気入れはガソリンスタンドで借りることもできます。サイクリング中は、こまめに水分補給する必要があるので、水やスポーツドリンクを入れるためのボトルも用意しておくとよいでしょう。自転車にボトルを装備できるようにボトルホルダーを取り付けておけば完璧です。自転車のダウンチューブにボトルを取り付けておけば、乗車中にいつでも取り出して水分補給できます。

水分補給を怠ると脱水症状を起こしてしまうので要注意です。気に入った風景を撮影するためのデジカメやスマホ、タオルや財布などの小物を持ち運ぶためのバッグもサイクリングの必需品です。自転車用に作られたメッセンジャーバッグか、デイパック・バックパックが自転車には適しています。あまり大きなサイズのバッグは、重すぎて邪魔になります。持っていくものはできるだけ少なくして、バッグを軽量化することが疲れないために大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *