ファッション通販で失敗を防ぐには

ファッション雑誌などで欲しい服を見つけても、目当ての店舗が近隣にない場合はネットショップで通販することになります。

ファッション系アイテムは、小物などと違ってサイズが重要になるので、実際に試着をしてから購入する時と異なり、失敗する可能性が高くなります。服のサイズは、S、M、Lあるいは号数で表示されますが、同じM表示のサイズでも、ブランドによってサイズ感が微妙に変わってきます。着用したことのあるブランドなら、なんとなくわかるのですが、初めて購入する場合は注意してください。普段と着ているサイズを購入しても、実際着てみたらタイトだったということもあります。

ファッション通販では、トップスならば胸囲や袖丈、肩幅など、ボトムであれば股上やワタリ、裾幅などの細かいサイズをチェックしてから、手持ちの服と比べてみると実際の着用した時のイメージがつかみやすくなります。通販ではパソコンなどの画面を通して色を確認しますが、おなじ服でも見ているモニターや撮影された条件などによって、実際の色と印象が変わる場合があります。そのため、実物が届いたら思っていたよりも色が濃かった、といった印象の違いが起こります。

イメージと実際の品物の誤差をなくすには、いろいろなサイトで画像をチェックしたり雑誌に載っていればそれを確認しておくと、本来の服のカラーが判断しやすくなります。平置きの画像のみの通販サイトもありますが、凝ったデザインのファッションだと着用した時と平置きの状態で見た時の印象が違うこともあるので、モデルが着用している画像のあるサイトなどを参考にします。ファッション通販では、色と形、サイズに問題がなければ失敗することはほとんどありません。しかし返品をする可能性もあるので、その場合にはどういった対応になるのか確認してから利用するようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *