エイジングケア化粧品の選び方について

年齢を重ねてくるとエイジングケアを考える女性も多いですが肌の変化を感じたときから始めるのが良いです。シミが増えてきたり毛穴のたるみ、ほうれい線や顔のたるみ、肌の乾燥や目元や口元の小じわ、くすみが気になるなど2つ以上悩みが増えてきたらエイジングケア化粧品を悩みにあわせて使っていくのが望ましいです。エイジングケア化粧品は加齢による変化をケアして予防してくれるアイテムです。選ぶときには続けることが一番重要なので無理なく継続できる価格がよいです。

同じブランドの化粧品をラインで揃える必要は無く、普段使っているスキンケアにエイジングケア化粧品を加えるのもおすすめです。しみやくすみの悩みがあるときは美白や医薬部外品(薬用)、ビタミンC誘導体(美白)などがあります。毛穴のたるみは開きが気になるときはビタミンC誘導体(美白)やコラーゲン(ハリ)、たるみやほうれい線だとビタミンC誘導体とコラーゲン、ヒアルロン酸・セラミドがよいです。しわにはセラミドやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体やレチノールが効果的です。

セラミドとヒアルロン酸は高い保湿力があって肌に潤いを与えて、コラーゲンは肌の弾力と柔らかさを保ちます。ビタミンC誘導体は美白と毛穴の引き締め効果があるのでどれを選べばよいのか迷ったときはこの3つが配合されている化粧品を選ぶと良いです。選ぶときのポイントは使い続けられる価格で、悩みに効果がある成分が配合されている品を選ぶことです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です