敏感肌の化粧品選びのポイントは

敏感肌とは様々な原因で肌のバリア機能が弱まっている状態のお肌の事です。季節の変わり目や洋服の素材に反応してしまったり、通常のお肌よりも刺激に弱い状態です。そんなときに使う化粧品は敏感肌用とうたっているものがいいです。敏感肌用とうたっているものはできるだけ刺激をおさえた穏やかな処方になっています。

普通の化粧品を選ぶより安心して使うことができます。でも肌はみんな一緒ではありませんので、敏感肌用でも人によって合う、あわないはあるのでトライアルセットか試供品で試してから原品を買うようにしたほうが無難です。美白とかアンチエイジング用などは効き目が期待できそうですが、一定の成分が濃い、ということは刺激があるということにもなりがちです。まずはお肌の調子を整えてから効果を求めた方がいいかもしれません。

化粧水は敏感になっているときはアルコール分が入っているものは刺激になりますので、避けた方がいいです。ぴりぴりするような刺激があるときは化粧水をとばしてクリームなどの保湿剤のみを使います。化粧品は日常にほぼ毎日使うものなので、使っていて心地よいものを選びましょう。五感にうったえる使い心地のよいもの、例えばテクスチャーだったり、ほのかな優しい香りなど自分が気持ちよくなれるもので刺激の少ないものを選ぶといいですね。

毎日のように使う化粧品は見た目がかわいいということでも自分のテンションがあがるなら美容効果も一段とアップします。自分のお肌の状態をよくみて、その状態にふさわしいものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *