敏感肌の人の化粧品選び

敏感肌の人は、普通では問題のない成分が入っている化粧品でも、使用するとかぶれやかゆみ、痛み、発疹などが起きてしまいます。とても刺激に弱い肌といえます。原因は、乾燥などによるお肌のバリア機能の低下です。普通肌の人は、外の刺激から肌を守るバリア機能を持っていますが、敏感肌の人は何らかの原因でお肌の水分や皮脂が不足したせいでお肌が乾燥するようになり、そのせいでバリア機能が低下してしまっている状態です。

お肌を乾燥させる原因は、さまざまですが、間違ったお肌のお手入れや、合わない化粧品の使用、睡眠不足や栄養不良などが考えられます。また、アレルギー体質が原因の敏感肌もありますが、この場合は化粧品を選ぶ前に皮膚科のパッチテストを受けてアレルギー反応が起こる成分を特定しなければなりません。さて、敏感肌の人の化粧品選びですが、ポイントは2つです。ひとつは、高保湿のセラミド配合化粧品を選ぶこと。

もうひとつは、お肌の刺激になる成分に注意することです。敏感肌の人はお肌のセラミドが足りないので、高保湿のセラミドを化粧水で補うと改善しやすくなります。そして、アルコール(エタノール)、香料、ビタミンC誘導体、着色料といった成分には注意が必要です。これらの成分は刺激になってしまったり乾燥の原因になってしまうからです。

心配な人は、お顔に使用する前にパッチテストをしておくと安心して使用できます。一般的に低刺激とされている化粧水でも、一度バッチテストをしておくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *