介護報酬のファクタリングが始まった?

subpage01

ファクタリングといえば、売掛金を即時で現金に換えられる業者のことです。


黒字なのに手持ちの資金がないために企業が倒産してしまうという事態を防ぐために新しく登場したサービスのようです。

しかし、ファクタリングには高額な手数料がかかるので、銀行はもちろん、消費者金融の金利よりも負担が大きくなるようです。

ファクタリングの比較といえばこちらです。

銀行や消費者金融で融資を受けられず、売掛金をすぐに現金に換えなければ税金や従業員の給料が払えないといった状況にある企業がとる最後の手段と言えます。

最近では、介護事業者でもファクタリングを利用するところが増えているようです。
医療報酬や介護報酬の債権は、請求をしてから2ヶ月程度のタイムラグが発生します。

資金操りに失敗して、その2ヶ月程度のタイムラグの間、従業員の給料が払えないという企業も少なくないようです。

そんなときには、医療や介護関係の債権に特化したファクタリング業者が役に立ちます。
この医療や介護関係の債権というのは、通常の売掛金に比べると回収リスクの少ないものです。



2ヶ月後にはほぼ確実に回収できるものなので、業者にとってはリスクの少ない取引となります。



そのため、手数料も低めに抑えられていることが多いようです。


とはいっても、やはり銀行や消費者金融で借りたほうが手数料は少なくてすむので、先に銀行や消費者金融で融資を受けられないかを検討してみることは必要になります。少子高齢者社会が進行するなか、介護業者の重要度は増していますので、ファクタリング業者の需要も増えていくかもしれません。