ファクタリングは介護報酬でも可能なのか

subpage01

ファクタリングは、売掛金を業者に買い取ってもらって、すぐに現金化する方法ですが、介護報酬でも可能なのでしょうか。
介護報酬や医療報酬の債権は、請求をしてから2ヶ月のタイムラグの後に、支払いがされるようです。

たった2ヶ月待てば手持ちの資金となるので、ファクタリングは必要ないかのように思えますが、実はたった2ヶ月の間でも従業員の給料が支払えなくなるような事業者も存在するようです。

そのような事業者にとっては、ファクタリングの需要があります。

ファクタリングの比較選びをお手伝いします。

結論として、2ヶ月のタイムラグをうめるためにファクタリングを利用することは可能です。

業者にとっては、回収できるかどうかが不確実な売掛金よりは、医療報酬や介護報酬債権のような確実に回収ができる債権のほうが、取引の安全性が高いので、ほとんど審査もなしで取引をしてもらえます。
最短で5日程度で現金に換えることができるようです。



しかし、たった2ヶ月の間の資金操りすらできないような状況は、かなり危険な状況であると言えます。

できることなら銀行融資を利用して、少しでも手数料を節約するべきでしょう。

また、経営状況を改善するためのなんらかの手を早めに打たなければ、どんどん追い詰められていきます。



ファクタリングは高額な手数料をとられるので、倒産の危機に陥った企業がとる最後の手段です。


いつまでもそのような手段に頼っていてはいけません。まずは銀行融資を受けられるくらいに信用を回復させることを目標にしましょう。


難しくないファクタリング

subpage02

ファクタリングとは企業が有する売掛金を、ファクタリング会社が買い取り、早期資金化して企業へ提供するサービルのことです。介護診療報酬は、通常国民健康保険団体へ診療報酬の請求をした際、介護報酬が降りるまで約45日ほどかかりますが、介護ファクタリングのサービスを利用すると、約5日ほどで資金が入金されます。...

NEXT

ファクタリングの身になる知識

subpage03

ファクタリングサービスは介護サービスなどを行う事業所が国保連に請求する介護報酬をファクタリング会社に譲渡することによって、従来よりも早く現金を受け取ることができるサービスです。このファクタリングサービスを利用することによって、これまでは国保連からの入金が介護サービスの提供後2か月程度後になっていたものがサービスを提供した月の翌月の定められた日に入金してもらうことができるため現金を早く受け取ることができるようになります。...

NEXT

ファクタリングの驚く情報

subpage04

現在の医療機関で認知度が高い、『介護ファクタリング』は資金調達として便利なサービスです。しかし、当然金銭の問題のため、審査があります。...

NEXT

ファクタリングの意外な真実

subpage04

ファクタリングといえば、売掛金を即時で現金に換えられる業者のことです。黒字なのに手持ちの資金がないために企業が倒産してしまうという事態を防ぐために新しく登場したサービスのようです。...

NEXT